ライフハック

実はある!?コーヒーを飲むベストタイミング? 効果と時間

コーヒー

コーヒーを飲むタイミングを意識したことがありますか?

私は、そんなことを考えずに飲んでいました。

コーヒーには目を覚ましてくれる効果があるため、眠い朝に飲む方が多いのではないかと思います。

まず、最初にコーヒーに含まれる成分カフェインについて軽くお話しします。

カフェインとは?

カフェインの主な作用は、中枢神経を興奮させることによる覚醒作用および強心作用、脂肪酸増加作用による呼吸量と熱発生作用による皮下脂肪燃焼効果、脳細動脈収縮作用、利尿作用などである。 医薬品にも使われ、眠気、倦怠感に効果があるが、副作用として不眠、めまいなどの症状が現れることもある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/カフェイン

カフェインの効果

  • 覚醒作用
  • 利尿作用
  • 脂肪分解などのダイエット効果
  • 消化を補助
  • 疲労回復効果
  • 鎮痛作用
  • 肌のシミ防止効果

などの効果があり、その中でも代表的なのが覚醒効果です。

その覚醒状態が継続される時間は、 30分後から5時間継続されると言われています。

そんなコーヒーに実は、最適な飲料時間があったのです。

一番最適なタイミング

1. 朝に飲むなら10時頃

朝起きたばかりの時間は、体がホルモンを分泌し始めて、体を起こしていきます。体が徐々に起き始め、だいたい午前9時30分~11時くらいに覚醒状態が弱まります。そのタイミングでコーヒを飲むと、カフェインによる覚醒効果が効率良く得られるのです

2. 運動するなら30分前

コーヒーに含まれるカフェインが、脂肪分解に有効な酵素「リパーゼ」を活性化してくれるや自律神経に働きかけ、カロリー消費を促進してエネルギー消費を高めてくれるので、ダイエットなどに効果的です。

3. 昼過ぎの眠くなる3時頃

昼食の後は、眠気が来ることが多いためそのタイミングで飲む方が多いかと思いますが、一番良いタイミングは午後3時です。その理由として、11時にコーヒーを飲んだ場合、カフェインの効果が切れる午後3時にコーヒーを飲むと、次の覚醒を促してくれるので午後の仕事に集中できることでしょう。

注意する時間帯

⒈ 午後12時~1時

午後12~1時の間はストレスホルモンの量が増えるので、さらに覚醒を促すコーヒーを飲まない方が良いです

2. 夕方5時半~6時半

再びストレスホルモンの量が増える時間なので、コーヒーは飲まない方が良いでしょう。

3. 就寝時間6時間前

カフェインの効果は個人差がありますが、4時間くらいは持続します。睡眠の質に影響が出るため、就寝時間の6時間前にコーヒーを飲むことは控えた方が良さそうです。


コーヒを飲むことで、様々な効果が得られる一方で、コーヒーに含まれるカフェインには依存性があるため、飲み過ぎには注意しましょう。コーヒーを美味しく効果的に飲めるといいですね。