ライフハック

たった20分○○するだけで集中力アップ!? 有名企業もやってる方法とは?

concentration

勉強してるけど、集中力が続かない。仕事を早く終わらせて帰りたいけど、長い時間集中力を継続できない。

などなど、こういった経験をしたことがある方は、多いのではないかと思います。

そんな時、あなたはどのような方法で集中力を高めていますか?

たった20分これからお教えすることを行うだけであなたの集中力が劇的に改善します。

集中力を上げる「パワーナップ

集中力を上げる方法とは、お昼寝です。

「え、お昼寝ってそんなにすごいの!?」

「20分寝ただけじゃ何も変わらないよ」 

と思っていませんか?

実は、お昼寝には、カフェインよりもの覚醒作用があるという研究結果もあります。

この研究では、「夜の睡眠時間を長くする」、「コーヒーを飲む」、「昼寝をする」の3つの中でどれが最も効果があるのか調べました。その結果、昼寝をすることが一番効果的ということがわかりました。 昼寝は身体をリフレッシュさせ、覚醒効果もカフェインよりもあることがわかりました。

有名企業も実践している!?

世界的大企業、GoogleAppleシスコシステムズナイキNASAなどなど多くの大企業がお昼寝を推奨しています。

Googleにはナップボッドというパワーナップ専用のマシンが完備されているなど、社員にお昼寝環境を提供しているほどです。

筆者は、シスコシステムズ本社の社内に入ったことがあり、その際にお昼寝専用の部屋があり、社員が気軽に利用できる環境が整えられていると感じました。

睡眠とは、手軽にわずかな時間で生産性を上げる方法として多くの大企業で重要視されているように感じます。

昼寝で得られる効果

  • 学習効果を高める
  • 記憶力を強化
  • 健康増進
  • 創造性アップ

宇宙事業を行なっている企業NASAでは、1995年頃から「NASA Naps」と呼ばれる仮眠研究を行っていました。

この研究から、認知機能が仮眠の影響を受け、26分という少し長めの仮眠がパフォーマンスを34%向上、注意力を54%向上させることが研究結果から得られたそうです。

NASAや様々な研究機関の研究の結果、良い影響を与える約20分から30分の昼寝が、記憶力や健康に良い影響を与えるということがわかりました。

sleep

学習効果を高める

カリフォルニア大学バークレー校の研究によると、新しいことや難しい問題などに取り組む前に昼寝をしておくことで、学習効果が高まるという結果となりました。

事前に十分な休息を取れていないと、新しいことを理解しようとする脳の働きがシャットダウンされ、学習効率が低下してしまうそうです。

記憶力を強化

ハーバード大学医学部の研究によると、昼寝は記憶力と学習能力を高めるそうです。夢を見た場合と見ていない場合でもまた効果が違うようで、夢を見た場合の方がより効果があるそうです。

健康増進

心臓病リスクの低下

日本人の死因で多いとされてるのが、癌、脳卒中、心臓病の3つ。
昼寝をすることでこの心臓病のリスクが低下するという検証結果が、ギリシャのアテネ医科大学やハーバード大学医学部において報告されています。

20分の昼寝が科学的に証明した仕事効率を引き出す5つの効果 – 安眠メイク


今までに心臓疾患を患ったことのないギリシャ人23,681名にテストしたところ、3週間30分の昼寝をしたひとは、そうでないひとにくらべて心臓疾患にかかるリスクが37%も減少した

昼寝20分で8時間分のスタミナ!「パワーナップ」のスゴイ効果 by Gow!Magazine(ガウ!マガジン)

これらの他にも、昼寝は、ストレス解消、脳梗塞、肥満、糖尿病などの防止にも役立ちます。

高血圧に良い

午睡とも呼ばれる昼寝は実は高血圧に有効です。
まず昼寝をすると脳の活動レベルが下がるので疲労回復します。
そして血圧や脈拍が下がることで心身のリラックス効果があります。

高血圧は昼寝が有効です。|【血圧が下がらない?】高血圧商材の内容と効果を暴露【買って失敗】

他にも血圧を下げる効果もあります。短い昼寝で血圧が15~20ミリ下がるそうです。

創造性アップ

新しいアイデアを思いつくためには、頭が回転していなければ難しくなります。

眠い状態が続いている状態では、脳の働きが低下してしまうため、新しい発想や考えが思いつきづらくなってしまいます。

パワーナップの方法

work

パワーナップとは、夜の睡眠とは違うため深く寝る必要はありません。これは脳を休めることに意味があるので、意識が飛んでいない状態でも問題ありません。

仮眠時間は20分です。これは一番意識すべきポイントです。仮眠時間が30分を超えてしまうとレム睡眠が始まってしまうため、30分以上の仮眠はやってはいけません。

水分補給にも気をつけましょう!体内が水分不足になってしまっては、その得られる効果も低減してしまいます。

ポイントまとめ

  • 夜の睡眠とは違う
  • 時間は20分 (30分以上はダメ)
  • 水分不足に注意

これらを気をつけることで、あなたのパフォーマンスも劇的に向上させてくれるはずです。