仕事

【職業紹介】ネットワークエンジニアって何?

NetworkEngineer

皆さん、ネットワークエンジニア(NE)って知っていますか?

私は、現在ネットワークエンジニアの仕事をしており、職業を言うとSE?ってよく言われます;;

そんな肩身の狭いNE、ネットワークエンジニアですが仕事内容は多彩です。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容は、「設計」「構築」「運用・保守」に分かれます。

◾️設計業務 
どのようなネットワーク構成にするか、必要な機器の選定など要件を決め設計書の作成を行います。

◾️構築業務
設計書通りに機器を接続し、ネットワークを完成させます。

◾️保守・運用
ネットワーク通信に不具合がないか、機器の故障がないかの監視を行い、不具合や
トラブルがあれば、対応します

インフラエンジニア、クラウドエンジニアなどをまとめてネットワークエンジニアと言ったりしますが、

サーバ、クラウドサービス、会社のネットワーク管理者、ルーター、スイッチの設定などネットワーク通信に関する設定や構築、運用・保守等を行う仕事です。

ネットワークの知識ももちろんですがセキュリティの知識も実は重要だったりします。

例えば、業務用タブレット端末からPCのファイルへアクセスする際にVPNなどの技術を利用したりセキュリティ等の設定が必要になってくるでしょう。

ネットワークエンジニアの魅力って?

ネットワークはインフラとしてなくてはならないものとなっています。

繋がっていて当たり前、24時間365日の中、一日でもネットワークやサービスが中断してしまっては利用しているお客さんや社員が仕事をすることができません。

システムエンジニアのように華やかなものではないかもしれませんが、絶対に必要な人材であり、重宝されます。

サービスの基幹となる土台を構築することができるのが魅力の一つだと思います。

ネットワークは今では繋がることが当たり前となっているこの世の中で、ネットワークエンジニアは直接感謝される事は少ないかと思います。

ですが、ネットワークエンジニアの魅力は多くあり、ネットワークの存在すらユーザに感じさせないのが優秀なネットワークエンジニアなのかもしれませんね。

ちなみに、年収っていくら?

年収は会社によって大きく異なると思いますが、世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社であるCisco社が認定する資格があり、それを元にすると以下のようになります。

CCIE業務経験 4年以上年収 645 – 900万円
CCNP業務経験 3年以上年収 496 – 701万円
CCNA業務経験 2年以上年収 404 – 578万円

上記は、Cisco社が出している資格と年収のおおよそです。

Cisco社は、世界シェア1のネットワークの会社で、Cisco社のルーターやスイッチはネットワーク業界では知らない者はいないくらい有名な企業です。

その世界シェアトップの資格を取得する事は、ネットワークの知識があることが証明されます

クラウドやサーバー等はまた別になりますが…..

ネットワークエンジニアを目指す方へ

もし、あなたがネットワークエンジニアを目指していたり、ネットワークに興味があるならば、先ほど紹介したCisco社の資格を取得することをお勧めします。

勉強するなら Ping-t というサイトがオススメです! 

コンテンツによっては有料のものもありますが、無料でできるコンテンツも多くあるので、

興味があれば、チャレンジしてみてくださいね!